アフターピルで起こる生理不順

アフターピルを服用すると生理周期が乱れたり、経血の量が安定しないことがしばらく続きます。安定するのに2ヶ月~3ヶ月ほど掛かります。また、それ以上に時間がかかる場合があります。

しかし、生理不順になりにくく副作用を軽減できるアイピルと言うアフターピルが存在します。

アイピルは生理への影響が起こりにくいと言われています。

私もアイピルを飲んで生理周期が変化することはありませんでしたが、人によっては服用から1週間前後周期が変化するようです。個人差がありますが、一番使いやすいアフターピルではないかと私は思っています。

他にもピルの最大のデメリットである血栓症のリスクがないお薬としても知られています。

アイピルの成分はレボノルゲストレルという物質で女性ホルモンである黄体ホルモンに似た働きをしてくれます。従来のアフターピルにレボノルゲストレル以外にも副作用を引き起こしやすいエストロゲンという卵胞ホルモンが含まれていますが、アイピルにはこのエストロゲンが含まれていないので副作用を軽減することができるのです。

しかしアイピルであってもホルモンバランスを乱すことにより避妊をするので、決して副作用が起こらないというわけではありません。

通常のピルであればエストロゲンを含んでいる為、血栓症のリスクを高めてしまうことがあります。エストロゲンは血液が固まりやすくなる作用があるのですが、アイピルにはエストロゲンが含まれていいないのでそのリスクが低くなります。

しかし、アイピルを服用する前後はビタミンCの過剰な摂取を控えるようにしてください。ビタミンCを摂取しすぎるとお薬の効果が変化してしまうのです。